PFC-FD療法

PFC-FD

PFC-FD療法

PFC-FD療法とは

PFC-FDとは自分の血液から作ったPRP(多血小板血漿)を活性化させて、血小板に含まれる成長因子だけを抽出してPFC(血小板由来因子濃縮物)を生成、凍結乾燥化したものです。

PFC-FDにはPRPの2倍の成長因子が含まれており、患部に注射することで損傷した組織の修復(自然治癒力)が促進され「早期治癒」や「痛みを軽減」させる効果が期待できる治療法です。

このような方にお勧めです

  • 膝の痛みが長引いてお悩みの方
  • ヒアルロン酸注射を長年続けているが良くならないという方
  • できるだけ手術は受けたくないとお考えの方
従来の治療

PFC-FD療法を取り入れた場合

成長因子の働き
  1. 抗炎症作用
    血液中の血小板内に含まれる成長因子は、炎症を抑える働きがある
  2. 修復促進
    血小板に含まれる成長因子は、自己修復に必要な細胞増殖を促進させる
  3. コラーゲン産生を促進
    成長因子による線維芽細胞の増殖は、骨や血管を作るために欠かせないコラーゲンの産生を促進させる

メリット
  • 血小板を高濃度濃縮する為、組織の修復を促す成長因子がPRPに比べ多く含まれています。
  • PFC-FDを関節内注入する治療なので手術に比べ非常に簡便な治療です。
  • ご自身の血液をもとに作る為、アレルギー反応や拒否反応などのリスクが少なく安心です。
デメリット
  • 血小板に含まれる成長因子の働きが強い方/弱い方とで治療効果に個人差が生じます。
  • 注射後、注入部に痛みや炎症(熱感、赤み、腫れ)を伴うことがあります。
  • 採血部や注入部で感染症が起こる可能性があります。
  • PFC-FD療法は自費診療となり、保険診療の適用ではありません。

PFC-FD治療の流れ

右にスクロールできます →



※下記の条件に当てはまる方はPFC-FD療法を受けることができません。

血液検査を行い、感染症(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)検査で陽性反応が出た方

この場合、血液検査費用(¥15,000‐(税込))のみご負担いただきます。

PFC-FD療法 料金

1部位につき ¥165,000‐(税込)
※自費診療となるため、保険は適用されません

診療時間

日・祝
9:00 –
12:00
16:00 –
19:00

■受付時間
午前…8:45 – 12:00 午後…15:45 – 19:00

休診日 / 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

診療カレンダー

12月 2021
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2021年11月29日 2021年11月30日 2021年12月1日 2021年12月2日 2021年12月3日 2021年12月4日 2021年12月5日
2021年12月6日 2021年12月7日 2021年12月8日 2021年12月9日 2021年12月10日 2021年12月11日 2021年12月12日
2021年12月13日 2021年12月14日 2021年12月15日 2021年12月16日 2021年12月17日 2021年12月18日 2021年12月19日
2021年12月20日 2021年12月21日 2021年12月22日 2021年12月23日 2021年12月24日 2021年12月25日 2021年12月26日
2021年12月27日 2021年12月28日 2021年12月29日

カテゴリー: kyusinbi_pm午前のみ: 午後休診

午前のみ: 午後休診
2021年12月30日

カテゴリー: kyushinbi休診: 年末年始の休診

休診: 年末年始の休診
2021年12月31日

カテゴリー: kyushinbi休診: 休診

休診: 休診
2022年1月1日

カテゴリー: kyushinbi祝日: 元日

祝日: 元日
2022年1月2日

カテゴリー: kyushinbi休診: 休診

休診: 休診

休診日
午後休診

  • 整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科
  • デイケア(通所リハビリテーション)